中学受験をして中高一貫校に進学したから高校受験をする必要がなかったのでゆっくりと進路の事を考える事が出来た神崎(仮名)さんの声

 小学校5年生で中高一貫の中学受験を決心しました。
それは中学校に入ると次の高校受験を目指して、内申に翻弄され、高校受験を公立、私立と何高も受けて、受験、受験で身も心も使い切り、伸びきって、高校に入ると、延びたゴムのように勉強に無気力になってしまうと聞いていたからです。
中高一貫の中学受験も入るまでの小学校での勉強は大変ですが、入ってからは、6年間じっくりと大学受験に向けて自分の進路を考えることができ、勉強も途切れることなく、意欲的に続けて行けると思ったのです。
多くの高校受験をした高校生が失った気力を取り戻すのは高校3年生になってからだといいます。
中高一貫でじっくりと勉強してゆっくりと進路を考える道を選びました。


小学生のうちに学習習慣を身につけましょう!