よくある間違いでも分からない

よくある経験の浅い方向けの外為取引のテキストでは「損が生まれた時はナンピン買いによって、全体の価格を小さくする」と書かれているが正直に言うとナンピン買いには相当大きな危険性が待っています。

 

まずは、ナンピンの仕組みについて易しく説明します。

 

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いですので、ドル高に推移するほど黒字が大きくなるわけですが、運悪く1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。

 

このままの状況でポジションを保持し続けたら損失が回復するまでには5円分、ドル高に向う必要があります。

 

損は早めに無くしたいと願うだろう。

 

そのため最初に売り買いしたのと同額の$(ドル)を買います。

 

これで、全体の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

つまり、2円50銭の幅でドル高に進めば損失を回復できます。

 

こういったことがナンピン買いの仕組みです。

 

こういうふうに、ナンピン買いの原理を耳にすると、「その通り」と考えたりするが、マーケットはそう容易には問屋を卸してくれない。

 

元々、1ドル=95円が下限だとということなど分かりません。

 

仮に、外国為替市場がかなりのドル安地合だったら1ドル95円では下げ止まらずに、さらに一層ドル安に向うリスクが高くなります。

 

97.50円でナンピン買いをするとしても95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも為替差損が生じてしまいます。

 

この状況では、一番初めに保有したポジションと一緒に2倍の損失を被ることになる。

 

それゆえ、ナンピンは難しいです。

 

それならば、為替相場が自分のシナリオとは別の方向にみるみる向ってしまった場合いかなる対応で危機を軽減すればいいのだろうか。

 

この場合取れる選択肢は2つだけあります。

 

ひとつめは潔く、損切りをする事です。

 

ふたつめは、現在、自分か持っているポジションを小さくする事によってもう一回市場が回復するのを動かないで待ち望む事だけです。

 

少し大人しい手法だと感じる方もいるkもしれません。

 

しかしながら、買いポジションにマイナスが出た時、正しい手法はこの他には期待できない。

 

確かに、ロジックのうえでは、ナンピンをするという方法も効果的です。

 

だけどナンピン買いは、自分か損失を披っている場面で買いポジションを縮小するどころか、それとは逆にポジションを積んでいく方法である。

 

この手法では、危険性を制御することなど、どうやっても無理だと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピンをしていけばやがては損を取り返せるかもしれません。

 

けれども、それより前に投資資金は足りなくなってしまいます。